room RAG blog

古い話と新しい話
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< mixi(ミクシィ)・SNS時代のネットコミュニティ #5 | main | ウワサのMySpace #2 >>

ウワサのMySpace #1

圧倒的なシェアを誇るMySpace

MySpace
http://ja.wikipedia.org/wiki/MySpace
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)と呼ばれるウェブサイトに属するもので主に10代の音楽マニアがコアユーザーとなっている。また、MSN Spaces、 Friendster、 LiveJournal といった先行するライバルサイトを追い越して数千万人分の登録アカウント数を擁しており、英語圏で最も巨大で人気のあるソーシャル・ネットワーキング・サービスとなり、社会現象と化している。2006年8月9日、アカウント数はついに1億を突破し、2006年9月8日現在で1億600万人分のアカウントがあることが発表されている。また一日に23万アカウントずつ新規登録が増えている。

当初は、10代を中心に圧倒的な人気を誇ると言われていたMySpaceだが、現在は世代に関らない広いリーチをとっている。

「MySpace」利用者の半数以上は35歳以上、SNSは中・高齢者層にも人気
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/10/06/13542.html
MySpace利用者の年齢層は1年前に比べて高年齢化していることも明らかになった。
2005年8月時点の調査と比べてみると、12歳から17歳までの利用者層が12.8ポイントも減少し、逆に35歳以上の利用者層が合計で12.1ポイントも増加していた。この間にユニークビジター数は約2,200万から5,600万へと倍以上に増加している。このことからMySpaceでは、1年間に多くの中・高年齢層ユーザーを引きつけ、利用者層に変化が生じていることが理解できる。

こうした調査結果が出る背景には、MySpaceの利用が社会問題化してきたことも上げられる。

MySpaceなどSNSの利用には要注意――米調査
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0610/06/news020.html
米国では一般にSNS利用者の中心は10代の少年少女といわれるが、この調査では、利用者の48%が18歳以上であることが判明した。また、利用しているのは若者だけではなく、SNSを利用する成人の53%は35歳以上だった。成人利用者の増加はSNS普及を意味し、同時にセキュリティリスクの増大も意味する、と同報告は警告している。


MySpace、人気の理由

SNSの元祖であるFriendsterを駆逐して、MySpaceが圧倒的人気を誇るようになった理由は何だろうか?

ネット・コミュニティ史上最大の危機!!SNSマイスペースの文化モラル問題
http://www.future-planning.net/x/modules/news/article.php?storyid=1334
米国のSNSマイスペースは既に7,000万人に近い参加者を得ていますが、子供たちに与える悪い影響の議論など親たちが騒ぎ出し、移民規制法と並ぶ文化モラル問題に発展しています。<中略>大学院でFriedsterの台頭期からSNSを研究している若き女性人類学者、ダナ・ボイドさんはフォックス・テレビに出演するなどマイスペースの擁護に懸命ですが、この程、コラムを発表しています。

"Friendster lost steam. Is MySpace just a fad?"
http://www.danah.org/papers/FriendsterMySpaceEssay.html

<中略>ボイドさんのコラムはまず、何故Friedsterが衰えマイスペースが台頭したかを述べています。<中略>管理型で融通が利かないFriedsterと社交の手段をどんどん提供し自由にコミュニティを発展させたマイスペースの差だと言う指摘です。

実際、MySpaceのサービスを使ってみると、この「カジュアルさ」を体感できる。ナビゲーション・メニューは以下の通り。

Home | Browse | Search | Invite | Film | Mail | Blog | Favorites | Forum |
Groups | Events | Videos | Music | Comedy | Classifieds

メンバーは、自分の好きなようにページをカスタマイズし、お気に入りの音源を加えてページ上で再生することができる。
このコミュニティ・マーケティングの威力に気づいたメジャー・レーベルのミュージシャンたちも、MySpaceをプロモーション・ツールとして活用している。
FOXを系列に持つNews Cooperationが間接的な親会社になった影響で、"FOX on demand"というオンデマンド動画配信も開始した。
http://www.myspace.com/fox
また、"myspaceim"というIMソフトウェアもベータ公開している。
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendid=78744676
MySpaceは、いわゆるポータルサイト系とは異なり、オープンなSNSを中心としたコミュニティを軸に、楽しめるエンタテインメント系コンテンツを配した構成だ。

MySpaceには、10数年前にAOLが実現した「インターネット前史」の頃の、オンライン・エンタテインメントの要素がふんだんに盛り込まれている。もちろん、テクノロジーの発展(ブロードバンドの普及、Web2.0など)のおかげで、メンバーはより自由にコンテンツ&コミュニケーションを楽しむことができるようになった。
米国におけるネットコミュニティのマスは、AOL - Yahoo! - MySpaceと移り変わってきたといえるだろう。


Net Trend | permalink | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -






follow roomrag at http://twitter.com